どの探偵に頼めばいいかわからない貴方にオススメ紹介します

探偵相談

未分類

興信所・探偵の選び方

更新日:

失敗しない、間違えない 興信所・探偵の選び方

探偵・興信所の良し悪しを見極めるのは難しく迷います。

長い人生のうち探偵・興信所を選ぶときは大きな悩みを抱えているときです。

解決したい問題があるけれど、どこに依頼したらいいかわからない。

けれど時間が経つにつれて状況は悪化していきます。

早めの行動は心が楽になる近道であり、将来に使える時間も増やすことができます。

失敗しないための10のポイントを参考にしてみて下さい。

詳しくはコチラ

・探偵・興信所を選ぶ9のポイント

パートナーの不倫の証拠を掴みたい、不倫調査、浮気調査、素行調査、調査する内容は様々です。

そしてほとんどの方が探偵・興信所を初めて調べるでしょう。

しかしネットで調べても、どの探偵・興信所が良いのか分かりづらい。

なので一緒にポイントを理解していけたらと思います。

 

1.料金表示

探偵・興信所へ依頼する際、気になるのは料金です。

相場の金額は調査員2名1時間あたり、15,000円~20,000円です。

他には交通費などの諸経費が多くかかります。

しっかりと料金

 

調べていると広告の沢山が出てきます。

その中で浮気調査1時間3000円~など記載しているものがあります。

「安いから試しにお願いしてみようかな...」と思わせるような安さですよね。

しかしこの値段で結果を出すことは難しいです。

なぜならば1時間3000円では調査員を2~3人程雇い、なおかつその他の経費をまかなえないからです。

客寄せのうたい文句なので実際の見積り金額は想像とは違う金額になるでしょう。

仮に相場よりも安い料金で依頼できても、いい加減な調査をされてはたまったものではありません。

もう一度他の探偵に依頼するにしてもお金がかさんでしまいます。

そして最もダメなのは自分の知りたい情報が知れないことです。

なので料金の安さだけで決めないようにして下さい。

2.探偵業の届出証明番号が載っているか

2007年に探偵業法が出来てから、この届出をしなければ探偵、興信所は探偵業をすることが出来なくなりました。

探偵業の届出をしていない場合は探偵ではありません。

また探偵業法では探偵の教育、秘密を守ること、契約書類についてなどが定められています。

この届出をすると都道府県公安委員会から探偵業届出証明番号が交付され探偵業法を守った調査を行います。

なので探偵業届出証明番号を載せている探偵・興信所を選びましょう。

3.興信所・探偵の代表の名前と所在地が載っているか

ホームページなどに詳細な情報が載っていない場合は依頼をしない方が良いでしょう。

トラブルを回避するためにも代表者の名前を公表している場所を選びましょう。

名前が分かれば経歴を知ることが出来ます。

経歴が分かれば今まで行政処分を受けたことの有無、または犯罪などに関わっていないこともわかるので安心して依頼できます。

4.行政処分を受けていないか

探偵業法に違反すると、この行政処分というものを受けます。

営業廃止命令、営業停止命令などのことを言います。

わざわざ法律違反をしたことのある興信所、探偵を選ぶ必要はありません。

絶対に悪徳業者にひっかからないようにしましょう!

5.業界団体に所属しているかどうか?

調査業界にも組合や協会などの団体が存在します。

業界団体に所属している興信所・探偵を選ぶことで万が一にもトラブルが起こった場合にも

団体の相談員の方が対応してくれます。

リスク回避のためにも業界団体に加入している興信所・探偵を選ぶことをオススメします!

主な探偵業の業界団体はこちらです。

6.探偵との相談場所

いざ探偵に直接会って相談をする場所は興信所・探偵の事務所が多いです。

そして相談するのに一番良い場所も事務所です。

実際に事務所へ行くことで所在地どおりか、それから事務所内で探偵業届出番号を確認できます。

もし住んでいる地域に興信所・探偵事務所が遠い場合や、こちらから出向けない等の事情があり行けないときがあるかと思います。

そういう場合は自分が指定した場所まで無料で来てもらうことが出来ます。

ですが探偵事務所から事務所以外の場所を指定されたら注意が必要です。

もしかしたら相談しようとしている探偵は事務所がないかもしれません。

規模の小さい興信所・探偵は人手も足りない等の問題もあるかもしれません。できることなら規模の大きい探偵へ依頼することをお勧めします。

7.きちんとした説明はされたか

契約の際、興信所・探偵ならばしなければいけない説明があります。

探偵業法で定められている重要事項の説明です。

重要事項の説明の中にはこのようなものがあります。

秘密を守る義務
調査方法
追加調査の条件と費用
探偵料金の金額
キャンセルについて

これらの重要事項の説明を書面にしたものが法定書面です。

契約の際にこの法定書面を必ず交付します。

なのでこういった説明を省く興信所・探偵は気を付けてください。

8.契約を急かされていないか

探偵・興信所に依頼したい気持ちを利用する業者がいるのはご存知ですか?

「不安をできるだけ早く解消したい。」

「調査をすぐにでもしたい。」

そんなあなたを利用して動揺するような言葉をかけ

「急いで契約して少しでも早く調査しないと今よりも悪い状況になりますよ!」

こういった言葉で動揺させ契約や着手金を促す興信所・探偵もあるそうです。

考える時間を与えず他の興信所・探偵に行く隙も与えない、そんな素振を見せる業者は注意が必要です。

必ず2社以上の興信所・探偵に相談することをオススメします!

9.アフターサービスはしっかりしているか

依頼して調査をしてもらって報告書をもらって終わり…アフターは二の次。

そういった考えの探偵・興信所もなかにはあるようです。

調査後のアフターサービスはアドバイス程度で終わりの場合もあるそうです。

調査結果を活かすためにもアフターがしっかりした興信所・探偵に依頼することをお勧めします。

詳しくはコチラ

まとめ

少しでもお役に立てたでしょうか?

探偵選びに失敗しないためにも今までの項目をしっかり覚えていただければと思います。

そしで探偵に依頼するからには絶対に成功して欲しいです!

不安を抱えたまま一日一日を過ごすのは疲れます。ホントにしんどくなります。

不安を少しでも解消して目の前の問題を乗り越えて行って下さい!

 

-未分類

Copyright© 探偵相談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.